ビットコイン

ビットコインとは?初めて買う人が知るべき知識をわかりやすく解説!

更新日:

最近では、ビットコインなどの仮想通貨の取引ができるコインチェックのテレビCMが流れるなど、仮想通貨の取引がブームとなっておる。

仮想通貨で一番取引額が大きいのがビットコインじゃ。

仮想通貨取引をはじめるのに、知っておくべきビットコインについての知識を、読みやすく解説するぞい!

ビットコインが誕生したのは2009年。まだ歴史は浅い

ビットコインが誕生したのは2009年じゃ。まだまだ歴史が浅いので、この先どうなるか、誰にもわからん状況じゃ。

もしかしたら、今ビットコインを買っておけば、1年後にはとんでもない金額になる可能性もある。

ビッちゃん
マジか?今から買っても、儲かるんか?
じじい
あくまで可能性の話じゃ

ビットコインはデータとして存在するだけ

ビットコインは、データとして存在するだけなのじゃ。実物はない。

データとして存在するだけなので「仮想通貨」と呼ばれおる。

しかし、「仮想通貨」と呼ぶと、「仮想=実態のないもの」という、よくない印象を受けてしまうため「暗号通貨」と呼ぶようにしようという動きもあるぞ。

ビットコインには管理者がいない!

ビットコインには、管理者がいないのじゃ。

どこかの国の政府や、日本銀行などの中央銀行は関与していない。

ビットコインは、ブロックチェーンという技術を使っているため、特定のサーバーに置いてあるデータに頼ることなくネットワークを構築できるのじゃ。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、簡単にいうと、ビットコインのネットワークの参加者みんなのコンピューターに取引を記録するものじゃ。

金融機関のように、特定のサーバーにデータがまとめて入っているわけではない。

参加者それぞれのコンピューターにデータが入っているので、どこかのコンピューターがデータを紛失してしまったとしても大丈夫になっているのじゃ。

また悪者がデータを改ざんしようとても、各参加者のコンピューターのデータを書き換えないといけないので、悪いことをするのがかなり難しくなっているのじゃ。

こういったセキュリティの高さも、ブロックチェーンのメリットの1つじゃ。

ブロックチェーンは、データの塊(ブロック)がチェーンのようにつながっているので、ブロックチェーンと呼ばれておる。

ビットコインの単位

ビットコインには、単位があるのじゃ。単位は「BTC(ビーティーシー)」じゃ。

「3BTC」といったように、数字のうしろに付けて使われる。

ビットコインは、コインとは言っても、データじゃから、0.01BTCなど、1より小さい数から買うこともできるぞ。

Satoshi(サトシ)という単位もある

ビットコインには、「Satoshi(サトシ)」という単位もある。

1Satoshi=0.00000001BTC

ちなみに、Satoshiはビットコインの開発者であるサトシ・ナカモトの「Satoshi」からきている。

サトシ・ナカモトの正体はいまだにわかっていない。日本人の名前だが、日本人ではない可能性もある(ビットコインの論文は、英語で発表されたのじゃ)。

ちなみに、サトシ・ナカモトは、約100万BTCを所有していると言われておる。

1BTC=150万円の場合、100万BTC=1兆5000億円じゃ。

ビッちゃん
サトシ・ナカモト、絶対に豪遊してるだろ、これ・・・
じじい
じゃな・・・

ビットコインで儲けるには、キャピタルゲイン(値上がり益)で儲けるのが基本

ビットコインで儲けるには、キャピタルゲイン(値上がり益)で儲けるのが基本じゃ。

キャピタルゲイン = 値上がりや、高いときに売って安く買い戻して得る利益のこと

株式投資の配当金や、銀行利息のようなものはないぞ。

インカムゲイン = 利息や配当などのこと

ただし、一部、コインを貸して利息を得られる取引所もある。

ただ、ビットコインを貸してしまうと、貸している間は売ることができないので、急な値上がりや値下がりが起きたときに、すぐに対処できないことに注意が必要じゃ。

ビットコイン以外の仮想通貨もたくさんある

ビットコインだけが仮想通貨というわけではなく、ビットコイン以外にも色々な仮想通貨があるぞ!

ビットコイン以外の仮想通貨のことを「アルトコイン」と呼ぶ。

ビットコイン以外の仮想通貨 = アルトコイン

かなり時価総額の大きくなっているアルトコインもあれば、ほとんど価格がついていないような、マイナーなコインもある。

あまり相場の大きくないく価格の安いアルトコインのことを「草コイン」と呼ぶこともあるぞ。

激安価格のアルトコイン = 草コイン(と呼ばれることもある)

今は、アルトコインの数が増えすぎているため、今後、実用化されないアルトコインは無価値になってしまう可能性もある。

アルトコインを買った後、そのコインが無価値になってしまったら、お金を損することになってしまう。

逆に、一部のコインは、実用化されてとんでもない価格に跳ね上がるポテンシャルも秘めておるぞ。

長い目で投資するなら、将来性のあるアルトコインに投資すべきじゃな。

ビットコインは、この先値段が上がるのか?

ビットコイン投資を考えている人にとっての最大の関心事は、やはり

  • ビットコインが今後も価格上昇するのか?
  • 1年後にいくらになっているのか?

ということじゃろう。

こればかりは、正直だれにも答えがわからん。

2018年には、1BTC=600万円以上になると予想する人もいれば、ほぼ無価値になると予想する人もいる。

お金を儲けることが目的なら、ビットコイン以外の通貨にも目を向けよう

ビッちゃん
儲けたいから、ビットコインが無価値になったら困るんだが?
じじい
ビットコインだけが仮想通貨というわけではないぞ!

上でも述べたとおり、ビットコインだけが仮想通貨ではない。

ビットコインだけに投資するのではなく、世の中の流れを見ながら、ビットコイン以外のアルトコインに分散投資したり、将来性が見込める草コインに投資するのも夢があるぞい。

-ビットコイン

Copyright© 仮想通貨がくる! , 2018 All Rights Reserved.